• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 主曲線と計曲線を分けた等高線地図を作る その2
  • 前回


    ・カスタムタイプ用のテキストファイルを作成する

    カスタムタイプを使用すると地図データを変更せずにPOIアイコン、等高線の色や線の太さを変更できる。今回、主曲線、計曲線に使用しているタイプは等高線用のタイプではないためカスタムタイプによる色の変更が必須となる。

    メモ帳を開き、以下の内容を貼り付けファイル名を「CntrElevPt.txt」にして保存。




    続きを読む
    スポンサーサイト

  • 主曲線と計曲線を分けた等高線地図を作る その1
  • 基盤地図情報の等高線データは主曲線と計曲線が区別されていない。テキスト置換ソフトを使用して主曲線と計曲線を分けてIMG形式の地図に変換する。
    200m以下スケールで10m間隔の等高線と標高点を表示、300mスケールで20m間隔の等高線と標高点を表示する。

    基本的な流れはその1その2その3を参照。


    ・必要なソフト

    基盤地図情報閲覧コンバートソフト
    基盤地図情報のXMLファイルをSHPファイルに変換する。

    GPSMapEdit
    SHPファイルをMPファイルに変換する。

    cGPSmapper
    MPファイルをIMGファイルに変換する。
    TXTファイルをTYPファイルに変換する。

    sendmap20
    複数のIMGファイルとTYPファイルを結合して一つのIMGファイルにする。

    Speeeeed
    テキスト置換ソフト。BREGEXP.DLLを使用することで正規表現置換が行える。

    BREGEXP.DLL
    正規表現ライブラリ。BREGEXP.DLLをSpeeeeed.exeと同じフォルダに入れる。

    上記ソフトを全てインストールしておく。


    ・必要なデータ

    基盤地図情報
    「JPGIS 2.0 (GML) 形式」のページの下の方の「基盤地図情報(縮尺レベル25000)」から基盤地図情報のデータをダウンロードできる。


  • Oregon450のスケールとハードウェアズームレベルの関係
  • cGPSmapperのマニュアルにはスケールとハードウェアズームレベルの関係はGPS端末依存と書かれている。
    Oregon450の場合の関係を調べた。

    ハードウェアズームレベル
    スケール 詳細度(低) 詳細度(標準) 詳細度(高)
    80m 24 24 24
    120m、200m 23 24 24
    300m 22 23 24
    500m、800m 21 22 23
    1.2km 20 21 22
    2km、3km 19 20 21
    5km 18 19 20
    8km、12km 18 18 19
    20km 18 18 18

  • Oregon450内蔵のPOIアイコン、線、ポリゴン画像一覧
  • 地図オブジェクトがOregon450の画面上でどのように表示されるかを調べた。


    ・POI一覧

    TypeSample_PointFirst_div.png
    POIアイコン一覧。SubTypeが00(Typeの下二桁が00)のもの。

  • カスタムPOI用CSVファイルから地図を作る
  • カスタムPOI用のCSVファイルをエクセルを使ってMPファイルに変換する手順。

    前回山人賛歌さんのカシミール3D用の全国山名18000座の地名データからカスタムPOIを作成したがOregon450では地図上に表示されるのは山のアイコンのみで山名が表示されなかった。地図上に山名が表示されるようにカスタムPOI用のCSVファイルから地図を作成する。

    カシミール3D地名データ(NDB) → カスタムPOIソース(CSV) → Garmin地図ソース(MP) → Garmin地図(IMG) → GPSに転送 という経路を辿る。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。