• スポンサーサイト
  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • 基盤地図情報から地図を作成する その4
  • その3からの続き


    ・自作地図作成計画頓挫

    前回作成した地図をIMGファイルに変換しようとしたところ、変換開始後すぐにメモリを使い切ってしまった。

    PCのメモリ: 物理メモリ1GB+仮想メモリ1GBの計2GB
    地図以外の使用メモリ: 約350MB
    GPSMapEditの使用メモリ: 約420MB

    よって、cgpsmapperの使用メモリは少なくとも1.2GB以上ということになる。全くメモリが足りない。


    ・対策(予定)

    1. PCのメモリを増やす
    今どき物理メモリ1GBは少ないのかもしれない。

    2. 多層構造の地図にする
    前回作成した地図は全ての要素を単一の地図に入れる単層地図だったため約400MBの巨大なMPファイルになってしまった。要素毎に地図を分割し、多層構造の地図にしてMPファイルのサイズを抑えなければならない。

    3. エリア毎に分割する
    県全域を一つの地図に入れたためMPファイルのサイズが大きくなってしまった。適当な緯度経度で分割し、MPファイルのサイズを抑えなければならない。

    4. GPSMapEditからエクスポートしない
    GPSMapEditは読み込んだMPファイルの分だけメモリを消費する。GPSMapEditを起動したまま地図をIMGファイルに変換するのは得策ではない。cgpsmapperを直接起動して地図を変換し、メモリの消費量を抑えなければならない。

    5. PCの熱対策
    地図の変換中はCPU占有率100%、ファンはフル回転となり非常に危険。扇風機を当てたら少しは熱が下がるだろうか?

    コメント

    コメントの投稿

    • URL
    • コメント

    • パスワード
    • 秘密
    • 管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURL:http://gpsbibouroku.blog27.fc2.com/tb.php/11-d3290e21
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。